舞浜倶楽部のケア

"QOL"それは、最期まで自分が好きで
慣れている環境と生活を守ること。

舞浜倶楽部では、ご入居者に高度な介護サービスをご提供するため、福祉先進国スウェーデンの福祉の理念を学ぶとともに、その手法を積極的に取り入れています。
スウェーデンでは、世界の国々に先駆けて、高齢化を迎え、100年の歳月をかけてより良い介護のあり方を模索しながら、現在の高度な福祉社会を創りあげてきました。
特に超高齢化社会の最も大きな課題は、認知症高齢者の"QOL*"(生活の質)を守ることであることに気づき、さまざまな研究・取り組みが実践されています。
高齢であっても、障がいがあっても、誰もが「自分らしく」、「自分が好きで慣れている環境」の中で生活をすることが個人の権利です。

スウェーデンのケアの理念・手法を取り入れた
舞浜倶楽部のケアのかたち

世界の国々の先を走ってきた分だけ、私たちに未来の社会を見せてくれるスウェーデンには、生活の質を守るために確立された知識や手法、技術があります。しかし、そうしたノウハウを丸ごと"輸入"するようなかたちで取り入れるのでは、日本のご入居者に受け入れていただくのは難しいでしょう。

 

日本とスウェーデンには、多くの共通点があります。互いに学び、良いところを取り入れながら、舞浜倶楽部のケアが形づくられてきました。そして、今も、改善・見直しをしながら、現在進行形で、進化し続けています。

スウェーデンのケア技術を日本の心で実践

不安や痛みを和らげるタクティール®ケア
触れるコミュニケーション、タクティールケアをケアプランに取り入れて実践。認知症緩和やコ信頼関係の形成に役立てています。

詳細ページ

音楽の力をケアに活かすブンネ®メソッド
ブンネ楽器を使用して演奏を楽しむことで、脳機能の活性化を促す「ブンネ・メソッド」を、日常のケアに取り入れています。

詳細ページ

一人ひとりに適した福祉用具の選定
使われる方の体格や筋力、身体の状態にあわせた福祉用具の選定を行っています。また、スタッフの負担を軽減する福祉機器も積極的に導入しています。

個々のリズムに合わせた排泄ケア
スウェーデンの排泄ケアシステム“TENA”を採用し、一人ひとりのリズムに合わせたきめ細かな排泄ケアを行っています。

手厚い人員体制

舞浜倶楽部では、国が定めた基準より、手厚くスタッフを配置しています。新浦安フォーラムでは、ご入居者3人に対し2人、富士見サンヴァーロでは5人に対し2人の介護・看護スタッフがケアにあたっています。

ご自分らしい生活を守る コンタクトパーソン制度

コンタクトパーソンは、ご本人がこれまで歩んでこられた人生を理解し、ご自分らしい生活を送ることができるよう支える専任の担当者。ご入居・ご家族をはじめ、関わるすべての人とコミュニケーションと関係を築く役割を担います。

施設内で手作りしたあたたかな食事

和食を中心とした心にも体にもやさしい手作りの食事を施設内で調理しご提供しています。

アレルギー、病気による食事制限、食事を摂るお力など、食の嗜好など、できるかぎり一人ひとりの状況にあわせて、きめ細かに対応しています。

また、旬の食材や歳時記にあわせた献立、行事の際の特別食などで、食生活にアクセントつけたり、食卓に遊び心を取り入れています。

詳細ページ

施設内に24時間看護スタッフが常駐

看護職員が24時間、施設内に常駐し、提携医療機関と共に、ご入居者の健康管理を行っています。また、さまざまな持病をお持ちの方、医療的なケアが必要な方も安心してご入居いただけます。
ご入居者の「自宅」として、「家での看取り」を希望される方に、ご家族と共に、ご本人が望まれるかたちで看取りケアを実践しています。

新浦安フォーラムでは、敷地内にクリニックを併設。介護と看護、そして医療が密に連携をとり、ご入居者の毎日を支えています。