有料老人ホーム 舞浜倶楽部
舞浜倶楽部リクルートサイトTOP > 人材育成 > スウェーデンケア研修  
スウェーデンケア研修


舞浜倶楽部は、定期的に現場スタッフをスウェーデンに派遣し、研修を行っています。研修期間は、1週間から3ヶ月間まであり、派遣者は、現場での経験などを踏まえて、選抜されます。 現地では、福祉先進国スウェーデンの理念、その手法を実際の現場体験などから学んでいただきます。スウェーデンの介護関係者との交流もあり、良い刺激をたくさん受けられると思います。 過去に体験したスタッフからも「目標が明確になった」、「ご入居者にあわせてケアを行うことの大切さへの理解が深まった」などの声が寄せられています。詳細は、下記「スウェーデン研修レポート」をご覧ください。
 スウェーデンケア研修レポートを見る 
2013年 / 2012年 / 2011年 / 2009年 / 2008年 / 2007年

スウェーデンの福祉専門家との交流

舞浜倶楽部では、2005年10月から半年間、また2007年8月から1年間、スウェーデンの認知症緩和ケア専門家オーサ・クラムボーン氏をお招きし、スタッフの教育にあたっていただきました。また、来日の際には、講演会を開催していただいたり、スタッフのスウェーデン研修の折には、現地にてサポートをしていただくなど、現在も交流が続いています。
経験豊かな実践家として知られるクラムボーン氏に学んだ、ケア理論や、日常のケアに関する実践は、今日の舞浜倶楽部のケアに生かされています。
 

来日時の舞浜倶楽部新浦安での講演会(2009年10月開催)

日本国内でのスウェーデンケア研修

舞浜倶楽部は、日本初の「JSCI日本スウェーデン福祉研究所シルヴィアホーム認知症緩和ケア看護・介護教育研修センター」として、日本スウェーデン福祉研究所(JSCI)に認定されています。
舞浜倶楽部新浦安内のセミナーハウスでは、タクティールケアの認定講座をはじめ、さまざまなスウェーデンケアに関する研修を開催しています。
※タクティールは日本スウェーデン福祉研究所の登録商標です。


市民向けオープンセミナー「スウェーデンにおける認知症ケアの理念と手法」(2008年7月開催)
「JSCI日本スウェーデン福祉研究所シルヴィアホーム認知症緩和ケア看護・介護教育研修センター」とは、日本スウェーデン福祉研究所(JSCI)により認定された、シルヴィア・インストラクターによる専門的な研修を受けられる施設です。
日本スウェーデン福祉研究所(JSCI)


地域ケア推進のために・・・

舞浜倶楽部新浦安内のセミナーハウスでは、地域ケアを推進する活動の一環として、市民向けのオープンセミナーも開催しています。
セミナーを通じて、 認知症の方と生活をともにされているご家族への支援を図る他、近隣の介護の関係者の方々に、認知症やスウェーデンケアへの理解を深めていただく機会の創出や、地域の方と介護について語り合い交流できる場にもなっています。

5周年記念セミナー第三部 医療法人社団鵬友会 横浜ほうゆう病院院長 小阪憲司先生による講義「認知症はここまで治る・防げる」(2009年4月開催)
ページトップ/舞浜倶楽部リクルートサイト