介護相談・在宅介護支援・デイサービス・ショートステイ・有料老人ホーム 舞浜倶楽部

 

文字サイズ会社案内リクルートお問い合わせ窓口サイトマップ
文字を拡大 文字普通
舞浜日記>

 

介護なんでも相談
舞浜倶楽部のケア事例
介護の悩みを共有します
舞浜倶楽部きはち・はじめでは、どの方にも楽しんでいただける行事を企画し、実施しています。また、コミュニティに開かれた施設を目指し、地域の方との交流の機会を積極的に持っています。日記では、行事の様子の一部と、ご利用者・スタッフにまつわる出来事をご紹介していきます。
 
舞浜倶楽部きはち・はじめ 2017年6月23日 マジックショー

前回ご利用者に、大好評だった「新浦安マジックサークル」の皆さんが1年ぶりに登場です。最初にロバさんが紙コップと、金貨を使ったマジックを披露してくださいました。あの紙コップに金貨があるはずが…。おまじないをかけて、まったく違う紙コップから金貨が登場すると「あれ?おかしいわ?」と不思議そうご覧になるご利用者。

続いて女性マジシャンが順番に登場。バラバラになっているハンカチーフがあっという間に繋がったり、別々になっているリングが瞬間的に一緒になったり、目を見張るマジックが続きます。最後の、美空ひばりさんの「お祭りマンボウ」の曲に合わせたマジックでは、皆さん手拍子や体でリズムを取りながら、楽しそうにご覧になっていました。「新浦安マジックサークル」のマジシャンの皆さま。今日は楽しいショーをありがとうございました。

舞浜倶楽部はじめ 2017年6月20日 高洲育クラブ交流会

子どもたちの元気な声がカフェテラスに響き渡ります。今日はご利用者に大好評の交流会。高洲育成クラブの一年生が来てくれました。
「おじいちゃん、あばあちゃんに会えるのを楽しみにしていました。今日はよろしくお願いします。」と挨拶のあと、「虹」を振り付きで歌ってくれました。可愛らしい歌声にご利用者はにこやかに聴き入っています。
歌のあとは、各テーブルに分かれ、切り抜かれたひまわりにクレヨンで色を塗りました。模造紙にひまわりを貼って完成です。
最後に、代表のご利用者からお礼の言葉を伝えました。 お返しに「今日は、ひまわりに色を塗ったり、お喋りしたりとても楽しかったです。今日はありがとうございました。」と子供たち。楽しい時間をありがとうございました。また遊びに来てくださいね。


舞浜倶楽部はじめ 2017年5月23日 浦安市郷土博物館
太陽がサンサンと照り、日向にいるとジリジリ…。まるで夏のような日差しの中、浦安市郷土博物館へ行ってきました。浦安市郷土博物館は、懐かしい古き浦安を知ることができ、いろいろな生活体験もできる、市民参加方の体験型博物館です。館内に入ると、郷土博物館のマスコットキャラクター「あっさり君」がご利用者を出迎えます。昔、漁業が盛んだったころの展示物や、干潟のジオラマ、水槽を泳ぐ青キスなど、皆さん興味深そうにご覧になっていました。浦安亭では、講談師が浦安の昔の出来事を名調子で語る、映像を見ることができます。台風にり甚大な被害を受けたシーンが映し出されると「あらーー大変だったのね」と心配そうにご覧になっていました。

いよいよ屋外にある昔の浦安の町を再現したエリアに向かいます。藁ぶき屋根の家や、昔懐かしい輪投げ、ベーゴマ遊びや「フーーーーフーーーー」と息を吹きふき釜土で炊くご飯の再現など楽しそうに体験されていました。次回のお出かけも、ご利用者に喜んでいただける場所へお連れしたいと思います。

 
舞浜倶楽部はじめ 2017年5月9日 総合レクリエーション公園

今日はお天気もよくお出かけ日和。1年ぶりに葛西にある「総合レクリエーション公園」へ行ってきました。到着までの車中では、ご利用者が「これらどこに行くの?」「いいわねーお出かけは楽しみだわ」などと会話がはずみます。公園に到着すると、最初に向かったのは「フラワーガーデン」。様々な種類のバラがご利用者を出迎えます。バラの香りを楽しんだり、写真を撮ったり、皆さんとても楽しそうなご様子でした。

たくさん歩いたので、おやつをかねて大きな噴水広場で一休み。しっかり休憩したあとは、園内の端からはじまで走る「パノラマシャトル」に乗りました。シャトルからの風景は、アスレチックがあったり、小さなお子さんが遊ぶ公園や、ハーブ園など様々。シャトルに向かって手を振る子供たちの姿に、ご利用者は笑顔いっぱいで手を振り返していました。 次回のお出かけツアーも楽しみですね。

舞浜倶楽部はじめ 2017年4月20日 イチゴ狩り

お天気もよく絶好のお出かけ日和。今日はご利用者に大好評のお出かけツアーで、千葉市花見川区にある「みはる野いちご園」に行ってきました。こちらの園では「立体式水耕栽培」でいちごを育てているため、車椅子のご利用者もいちご狩りを楽しめるようになっています。ビニールハウスの中に入ると、園の方からいちごにつけて食べると美味しさ倍増の、練乳とチョコクリームの入れ物が配られました。いざ!いちご狩り!シーズンが終わりに近づいていたので、いちごは少な目でしたが、ご利用者はいちごをさがし出しては摘んで食べ、またしばらくさがしては摘んで食べてと、楽しそうに召し上がっていました。最初に入れてもらった練乳がなくなると、おかわりをもらいに。中には4回も5回もおかわりするご利用者もいらしゃいました。お腹いっぱいいちごを召し上がり、お昼ご飯が食べられるか心配になります。 夢中になっていちごを摘んで、指先と手のひらが真っ赤なご利用者もいらしゃいました。皆さんたくさん摘んで、たくさん食べて、大変ご満足のご様子でした。


 
舞浜倶楽部はじめ 2017年4月4日 お花見散歩

春爛漫。今日はポカポカと日ざしが暖かく絶好のお散歩日和。ご利用者の皆さんと境川の土手沿いへお散歩に行ってきました。並木の桜は六分咲きから、満開まで、色々な表情を見せ、からたちの花からはいい香りがしています。春の花たちがご利用者をお出迎えしてくれているようです。
途中休憩をとりながら、ゆっくりとお花を堪能され、「本当に綺麗ね」「こっちの桜の方がたくさん咲いてるわ」など、ご利用者の楽しそうにお話しされている姿に、私たちスタッフも嬉しく思いました。 また四季折々自然と触れ合うことができる境川へ、ご利用者をお連れしたいと思います。


舞浜倶楽部はじめ 2017年3月9日 お習字

ご利用者に好評のお習字は、定期的に行っているアクティビティのひとつです。
本日で3回目の、岩瀬野雲先生にご指導いただき今回の課題、「日小子式」を練習しました。はらい、とめ、などのポイントを教えていただき半紙に向うご利用者。一文字ごと見本を見ながらゆっくりと、筆を進める方や、慣れた筆運びでスラスラ書きあがる方など、それぞれのペースで練習しています。他に、3月の練習課題の「早春」や「蒲公英」などに挑戦される方もいらしゃいました。岩瀬先生、本日はありがとうございました。来月もよろしくお願いします。

 
舞浜倶楽部きはち・はじめ 2017年2月2日 節分

今年の節分は一日早く鬼が来ました。ご利用者が「鬼さん~!」と呼びかけると、赤鬼・青鬼・助っ人鬼の登場です。ご利用者が「ギャー怖いよー!」と叫び声をあげるると「鬼だぞー」と更に迫力満点。最初は怖がっていたご利用者も、手作りの豆を「鬼は外!福は内」と元気よく投げます。
豆まきが終わると鬼さんと記念撮影タイムが始まりました。写真を撮り終わると「体を動かしたので次は歌を歌って口を動かしましょう」とスタッフ。節分にちなんで最初の曲は「豆まき」の歌。続いて「春が来た」や「春の小川」「ちょうちょ」など全10曲を元気よく歌いました。おまちかねのおやつは豆つながりで甘納豆。豆まきの話に花を咲かせる皆さんでした。


舞浜倶楽部はじめ 2017年1月31日 昭和彩景展

年明け最初のお出かけはWave101で開催された「昭和彩景展」へ行ってきました。「昭和彩景」は高度経済成長期を中心とした時代をモチーフに、文化、世相、風俗を、ユーモアと親しみ易いタッチで描いた風景(漫)画です。昭和の風景や64年の東京オリンピックなど、ご利用者にとって懐かしい絵画や、「昭和銀座ジオラマ」「美空ひばりとリトルジャマー」のフィギアや往年の歌手のプロマイドなどを、ゆっくりと時間かけ見て回りました。館内にはBGMとして昔の歌謡曲が流れており気分はすっかりタイプスリップ。懐かしい歌を歌ったり昔話をしたりとても楽しい時間となりました。

舞浜倶楽部きはち・はじめ 2017年01月19日 餅つき大会

年明け恒例の餅つき大会を開催しました。餅をつくのは男性スタッフご利用者は窓辺から見守ります。蒸しあがったばかりのホッカホッカのもち米を杵に入れて準備OK!「よいしょ!よいしょ!」と威勢のよい掛声に合わせてお餅をつきます。
しばらくすると飛び入り参加でご利用者からつき手に立候補があがり、力強くお餅をついていただきました。餅つきのあとは「餅花」を皆で作ります。
餅花(もちばな)とは、日本の一部地域で正月とくに小正月に、ヌルデ・エノキ・ヤナギなどの木に小さく切った餅や団子をさして飾るもの。 一年の五穀豊穣を祈願する予祝の意味をもつとされています。先ずお餅が張り付かないように手に粉をつけ、白と赤のお餅をコロコロと丸くして枝につけていきます。ご利用者は粉まみれになりながら楽しそうに作っていました。

「餅花」作りが終わるころお待ちかねのおやつの時間です。おやつはご利用者が召し上がりやすように、もち米で作ったあんこときなこ味の「おはぎ」です。スタッフ手作りのおやつは愛情たっぷり。とても美味しいとご利用者に好評でした。皆さん美味しそうに召し上がっていらしゃいました。



 
舞浜倶楽部きはち・はじめ 2017年1月6日 新年祝賀会

手作りの酒樽が紅白幕の上に飾られ、今日はきはち・はじめの新年祝賀会。「今年も良いスタートが切れますように、良い一年になりますように!」とデイサービス責任者の佐藤が挨拶。続いてご利用者の代表が鏡開き。

「よいしょ」の掛声とともに、中から今年の干支「酉」に仮装したスタッフが飛び出し「わーっ!ビックリ!」とご利用者。鏡開きが終わるとテーブルには祝賀会用の特別ランチが並びます。紙コップにノンアルコールビールやお茶が注がれ「乾杯!」。
統括施設長の北島もランチに加わり「お正月はどう過ごされていたんですか」などご利用者との会話が弾み楽しそうなご様子でした。

ランチが終わると、入口からなにやら現れました。お正月といえばそう、「獅子舞」です。大きな口で「パクッ!パクッ!」と次々にご利用者の頭を噛んでいきます。「キャー!」と悲鳴をあげたり、笑顔のまま噛まれたり様々です。獅子舞が頭を噛むのは悪魔祓い、飢饉や疫病を追い払う意味が込められています。 日本では、16世紀の初め、室町時代(1338年~1573年ごろ)に伊勢の国(現在の三重県)で飢饉や疫病を追い払うため、お正月に獅子舞を舞ったのが始まりといわれています。 今年もスタッフ一同ご利用者が元気で楽しくお過ごしいただけるよう頑張って参ります。

 
舞浜倶楽部きはち・はじめ 2016年12月22日 クリスマス会
クリスマスを今週末に控えたこの日、きはち・はじめ合同のクリスマス会を開きました。今年は、サンタクロースに変身したスタッフと共に、歌とゲームで楽しいひと時を過ごしました。
「きーよし こーのよるー♪」最初に声を合わせたのは、歌讃美歌109番。世代を越えて誰もが歌えるクリスマスの歌です。続いて「諸人こぞりて」「もみの木」など合計5曲の讃美歌を歌い、クリスマスムードをグッと盛り上げました。

次は、ゲーム大会。クリスマスプレゼント獲得をかけた輪投げにチャレンジしていただきました。輪投げの的となっている小さなコーンの裏につけた番号で、獲得賞品が決まるくじ形式のゲームで、「全員に賞品が当たります」とスタッフが説明すると、「よーし頑張るぞ!」と気合の入ったお声が。ご利用者が順番に輪を投げるたび、間近で見守るギャラリーから、「おしい!」「頑張って」などの声援があがりました。それぞれ、獲得した賞品を開けてみたり、見せ合ったりご満悦のご様子でした。
今年のクリスマスを締めくくるのは、クリスマスケーキのおやつ。なんとスタッフの手作りです。イチゴで作ったサンタクロースや生クリームのスノーマンなど、かわいらしくデコレーションされたケーキに、スタッフの愛をたっぷりトッピングして、召し上がっていただきました。


舞浜倶楽部 はじめ 2016年12月21日 フラワーアレンジメント

ご利用者に人気のアクティビティフラワーアレンジメント。今回は、クリスマスをイメージしたアレンジを、郭洋先生に教えていただきました。
バラ、カーネーション、ケイトウの3種のお花に、クリスマスブッシュ、銀香梅、コチアなど葉や枝をたくさん添えてアレンジしていきます。先生が作ったお手本を参考にしながら、思い思いに盛り込んでいきますが、葉っぱと枝が多いアレンジで、バランスを取るのが難しく、試行錯誤のご利用者。先生から、「活ける時はシンメトリー(左右対称)にするとバランスがよくなりますよ」などのアドバイスをもらいながら、作品を仕上げていきます。長持ちする枝の処理の方法を教えてもうと、「お正月まで飾っておけるといいわね」など、作品への愛着が感じられるお声も。「頑張って作ったのでご自宅に帰られたら、ご家族に作品を見せてくださいね」と先生もやさしく返されます。最後に、作品と一緒に記念写真を撮って今年最後のフラワーアレンジメント教室は終了となりました。

冬至のゆず湯
この日は、冬至。ご利用者に「ゆず湯」に入っていただきました。冬至にゆず湯に入る習慣は、銭湯ができた江戸時代から始まったと言われています。ご利用者はお風呂場いっぱいの柚子の香りを楽しんでいらしゃいました。
「ゆず湯」に入ると1年間風邪をひかないという言い伝えがあります。元気に冬をお過ごしくださいね。


舞浜倶楽部きはち・はじめ 2016年11月17日 合同運動会
数日前の真冬の寒さが嘘のよう。大教室の中には暖かい日差しが差し込みポカポカしています。 今日はきはちはじめ合同の大運動会。ご利用者とボランティアさん、スタッフと一緒に楽しい時間を過ごしました。

選手宣誓と準備運動 

紅白のはちまきをしたご利用者が椅子に座ってスタンバイ。スタッフの準備も整い、いよいよ運動会が始まります。
まずは選手宣誓!各組の代表者による力強い宣誓に、「今日の戦いはきっと白熱する」そんな気迫を感じます。 準備運動のラジオ体操では、曲に合わせ歌うご利用者の声と気合の入ったかけ声が聞こえてきました。やる気満々の皆さんと一緒にスタッフも怪我の無いようにしっかり体をほぐしました。

玉送り!

第1種目はバスタオルを使った「玉送り」。2人一組で1枚のバスタオルを広げ、その上にビーチボールを転がし送っていく競技です。皆さん初めてやるとは思えないほど要領がよく、「せーの」と声をかけ合いながらテンポよくボールを送ります。ファインプレーも飛び出し大きな拍手と笑い声がおきました。

みんなで飛ばそう!マイダマイダ

続いては「みんなで飛ばそう!マイダマイダ」。まずはスタッフが競技の説明をしてみせます。膝の上に少し空気を抜いたビーチボールをセット。その上にバドミントンのシャトルを乗せ、勢いよくビーチボール両手で挟みます。すると「パーン」と言う大きな音と共にシャトルが高く飛び出しました。ボールを「バーン」と挟む時に「マイダ”!」と大きな声で言い、より遠くへ飛ばした方が勝ちというルール。ご利用者は4人一組で競い、最後は決勝戦も行いました。皆さん飛ばすことに集中し、中々「マイダ」の声は出ませんでしたが、そこはまわりでカバー。さすがのチームワークです。スタッフも飛び入り参加でチャレンジ。するとなんと言うことでしょう、シャトルは前へは飛ばず頭上超えて後ろに飛んでしまいました。「あーあ」の声と大爆笑。照れるスタッフの額には汗が光っていました。

玉入れ!

3種目目は「玉入れ」です。1、2戦は職員が動かす箱に玉を投げ込み紅白それぞれ1勝1敗。3、4戦は固定した箱に玉を投げ入れ競いましたが、これまた1勝1敗の引き分けでした。ここで次の種目を始める前に全員で深呼吸。少し休憩です。

パン食い競争!

さあ、最後の種目は「パン食い競争」。竿からぶら下がっっている袋入りのパンを、手を使わずに取ると言いう、昔から運動会では定番の競技を、今日は二人ずつで競っていただきました。 「このパンは今日の皆さんのおやつですから、何とかしてとってくださいね~」とスタッフ。スタートの声と共に皆さん四苦八苦しながら袋を引っ張ります。どうしても外せない方にはスタッフがうまくフォロー。中には、アッと言う間に取れる方もいてビックリでした。無事全員おやつを確保できたところで、またまたスタッフが飛び入り参加。ボランティアさんと木野村が競うことになりました。気合十分の二人。戦いの様子は写真を見てください!危機一髪、危ないところでした。

結果発表!

全ての競技が終わり結果発表。ナント115対115の高得点での引き分けとなりました。今年はオリンピックイヤーで世界中が盛り上がりましたが、きはちはじめの運動会もそれに負けないくらいの熱い闘いが繰り広げられました。
最後は全員で記念の集合写真。皆さまおつかれさまでした。
舞浜倶楽部きはちはじめ 2016年11月03日 浦安六絃会ギター演奏会
今日はご利用者が毎年楽しみにされている、浦安六絃会の皆さまのクラシックギター演奏会。エルビスプレスリーの初主演映画「ラブミーテンダー」の原曲「オーラーリー」からスタートしました。ご利用者は配られたプログラムをご覧になりながら、ギターの音色に耳を傾けていらっしゃいます。「バラが咲いた」ではギターの演奏に合わせで全員で歌いました。ギターの演奏を聴いたり、皆さんで歌ったりとプログラムが続きます。「青い山脈」では一段と大きな声で元気よく歌われとても楽しそうなご様子でした。ギターの独奏「蘇州夜曲」「禁じられた遊び」では、目を閉じてしみじみ聴いているご利用者もいらしゃいました。
「幸せなら手をたたこう」では、「幸せなら笑顔をで!ニコニコ」「幸せなら手を上げよう!バンザーイ」「幸せなら笑いましょう!わっはは」とフリつきアレンジで歌い会場は盛り上がります。プロブラム最後の曲「ふるさと」の合唱が終わると、ご利用者から「アンコール!アンコール!」とお声が上がり、アンコールに「東京ブギウギ」を演奏してくださいました。最後に 演奏会のお礼をご利用者からお渡し、演奏会はお開きとなりました。 浦安六絃会の皆さま今年も素敵な演奏をありがとうございました。来年も楽しみにしております。
【六絃会会員募集中】
現在六絃会では新規会員を募集されているそうです。ご興味がある方はぜひ下記六絃会オフィシャルサイトまでへお問い合わせください。
【六絃会オフィシャルサイトHP】
舞浜倶楽部はじめ 2016年10月31日 ハロウインパーティー

スパイダーマンや、魔女、プリンセスなど思い思いに仮装した子供たちが、元気いっぱいに中庭に大集合!今日は高洲北児童育成クラブの皆さんがハロウインの仮装をして遊びに来てくれました。ご利用者も帽子をかぶったり、マントを付けたり仮装をして子供たちを出迎えます。「今日は楽しい時間を過ごしましょう」とはじめの佐藤の挨拶でハロウィンパーティースタートです。
まず、子供たちから歌のプレゼント。最初の曲は秋らしく「もみじ」を元気いっぱいに歌ってくれました。続いてアニメーション「となりのトトロ」から「さんぽ」を踊りを交えながら合唱。ご利用者は歌に合わせ、手拍子をされたり口ずさんだり楽しまれているご様子でした。
最後にハロウインではかかせないお菓子を、ご利用者から子供たち一人一人に手渡します。中には「トリックオアトリート!」とはにかみながらお菓子をもらう子供も。ご利用者も子供たちも笑顔があふれる時間を過ごしました。

高洲育成クラブの皆さま、楽しい時間をありがとうございました。また遊びに来てください。

舞浜倶楽部きはちはじめ 2016年10月24日 お散歩

今日は暖かいお出かけ日和になりました。スタッフから「いいお天気なのでお散歩に行きしょう」とご利用者に提案すると「いいわね!」とご利用者の皆さまがにっこり。急きょ近くの川までお出かけすることになりました。太陽の日差しを背中に浴び、「気持ちのいいお天気ね」と話しながら川辺に着きました。

川を眺めていると川面で何かが跳ねました。「見て!魚よ!」とご利用者。しばらくすると鴨も飛んできました。泳いだり潜ったりする様子を眺め歓声をあげます。

今度はすーっとどこからか白鷺が飛んでき手摺に着地。羽をバタバタしたり毛づくろいをしたりする姿をご覧になっていましたが、そろそろ風が少し冷たく感じてきたので、お部屋に戻ることになりした。

頭上には少し色づき始めた桜並木。千葉県のなかでも都心にもっとも近い新浦安ですが、施設周りで自然と触れ合うことができます。

舞浜倶楽部きはちはじめ 2016年9月29日 マジックショー
今日は、初登場の新浦安マジックサークルの5人のマジシャンをお招きしました。席についたご利用者は、何が始まるのかと興味深々でお待ちになっています。

最初は会長であるロバさんが、白と赤の木彫りのウサギさんをおまじないで一瞬のうちに入れ替えるマジックを披露。間近で見たご利用者から「おーーーーー」と歓声があがりました。続いて「ハロー宝塚」の音楽にのせて白いハットを被った素敵なマジシャンが登場です。胸に飾られたオレンジのチーフを手のひらにフワッとかざすとお花が。テンポよくくり広げられるマジックに、ご利用者は目が離せません。

他にも手の上のコインにコップをかぶせると、あら不思議コインがあっと言う間に、コップの中に!大きなリングを使った目を見張るマジックなどが続きます。美空ひばりの「お祭りマンボ」の曲に合わせたマジックが始まると、ご利用者は手拍子で応戦します。エンディングは素敵なハットを被ったロバさんが「タカラジェンヌに栄光あれ」の曲に合わせてダンスとマジックを披露してくださいました。

新浦安マジックサークルの皆さま素敵なマジックをありがとうございました。


舞浜倶楽部きはち・はじめ 2016年09月15日 敬老会

敬老の日を前に敬老会を開きました。スタッフによる「よさこいソーラン」の発表と、ご利用者とスタッフでブンネ演奏会を行い、皆で楽しい時間を過ごしました。「おめでとうございます。皆さまがお元気でお過ごしに、なれるように今日は敬老の日をお祝いしたいと思います」とスタッフの挨拶で会ははじまりました。

よさこいソーラン♪ 

「精一杯踊るので最後まで応援よろしくお願いします!」とスタッフの田部。袢纏を羽織り「ソーラン、ソーラン」「どっこいしょ、どっこいしょ」と掛け声も勇ましく力強く踊ります。ご利用者から「頑張って!」「素敵ね!」とお声がかかると踊りも更に気合が。頑張って踊るスタッフにご利用者は手拍子でエールをおくっていました。

ブンネ演奏会!

「皆さんと一緒に秋の曲を奏でたいと思います。」と用意したのはブンネ楽器。先ずは弾きかたの説明からスタートです。何度か練習を繰り返えすと皆さん上手に演奏できるようになりいよいよ本番。「ふるさと」「赤とんぼ」「たき火」とお馴染みの秋の曲を。皆さん楽しそうに演奏されていました。最後は「小さい秋」を歌とブンネ演奏にわかれおこない演奏会をしめくくりました。

おやつは紅白饅頭♪

この日のおやつは敬老会のあとにスタッフ手作りの紅白饅頭を召し上がっていただきました。ご利用者からは「楽しかったわね」「来年も待ち遠しいわ」と嬉しいお声をもらいました。「来年はもっとすごいものをお見せできれば!」とスタッフ。

来年も楽しみですね。

舞浜倶楽部はじめ 2016年9月9日 高洲育成クラブ交流会

「こんにちは!」と元気いっぱいの子どもたちが カフェテラスにやって来ました。今日は高洲育成クラブ2年生とご利用者との交流会です。
「おじいちゃん、おばあちゃんと遊びに来ました!」と子どもたちの元気な挨拶からはじまりました。最初は、NHK連続テレビ小説「あさが来た」でお馴染み「365日の紙飛行機」の合唱。歌に交えて手話も披露してくれました。「素敵な歌で手話も覚えてすごいわね」と関心されるご利用者でした。

オープニングのあとはゲーム大会!トランプ・かるた・JENGA・百人一首のチームに分かれてゲーム開始! 各テーブルから「あーー」「やったー」などの歓声が聞こえてきます。ご利用者も子供たちもとても楽しそうな様子でした。

最後に代表のご利用者からお礼の言葉を送ると子どもたちからは、素敵なプレゼントが。これは、育成クラブの3、4年生が手作りしたのもだそうです。

高洲育成クラブの皆さまありがとうございました。また遊びに来てください。


舞浜倶楽部きはち・はじめ 2016年9月2日 9周年祭食事会

この日のご利用者はどこかそわそわしている様子...
それもそのはず、今日は在宅部門9周年祭食事会の日。しかもお食事のメニューが「天麩羅御膳」とあっては落ち着いていられるはずもなく、つい笑顔がこぼれてしまう皆さん。「いざ!天麩羅御膳!」そんな期待を胸に向かったのは、オリエンタルホテル1階の和食レストラン「美浜」です。
並んでいるお食事を見た皆さんから口々に「おいしそう!」との声が。ご利用者を気遣った嚥下食も用意してあり、食事の間どなたも満足そうに料理を絶賛していました。
9周年を迎えることができたのはご利用者ご家族のご理解とご協力あってのことです。これからも皆さんに喜んでいただけるよう、サービスの向上に取り組んでまいります。

舞浜倶楽部きはち・はじめ 2016年8月18日 納涼祭

世界中の人々の注目を集めたリオデジャネイロオリンピックが、あと数日で閉会式を迎えようとしています。大教室では、2016年「夏の閉会式」きはち・はじめ合同納涼祭を開催しました。

お茶で乾杯!&お弁当 

会場に集まったご利用者は、飾りつけられた提灯ややぐらをご覧になりながら、お祭りが始まるのを心待ちにされている様子です。

しかし、納涼祭の前に先ずは腹ごしらえ。「まだ暑さが厳しいですが納涼祭で夏の暑さをふきとばしましょう!かんぱーい!」とスタッフの合図でお茶のコップを合わせます。テーブルに配られたお弁当を開き「いただきます!」。ご利用者とスタッフで会話もはずみ楽しいランチの時間となりました。お腹が満たされたらお待ちかねのお祭りの開幕です♪

やぐらを囲んで盆踊り♪

今回は、ご利用者のご縁で「浦安市婦人会」の皆さんにもご参加いただき、ご利用者と一緒にスタッフも一緒にやぐらを囲みます。1曲目の「炭坑節」では「掘って、掘って、また掘って、担いで担いで・・・」と振り付けを表現した威勢のいい掛け声がかかります。続いて「東京音頭」「お富さん」「ソーラン節」「東京五輪音頭」とお馴染みの曲を楽しみました。

きはち・はじめミニ神輿登場♪

5曲踊り終え一休みしていると、どこからか「まえだ!まえだ!まえだ!」神輿を担ぎながら威勢のいい掛け声が。きはち・はじめのミニ神輿登場です。 ご利用者からも掛け声がかかり、浦安市婦人会の皆さんもミニ神輿を応援してくださいました。

休憩が終わり、盆踊りの曲が再びかかります。ご利用者もスタッフも再び踊りの輪に加わり「お富さん」をフィナーレに今年の納涼祭を締めくくりました。

納涼祭のあとは…

お部屋に戻り一息ついたあとは、夏らしく涼し気な「水まんじゅう」のおやつです。浦安の和菓子屋さんから取り寄せた夏の銘菓です。ご入居者は納涼祭を振り返り「楽しかったわね」とお喋りに花を咲かせていました。

今年の夏のイベントもこれで「閉会」。

敬老会など秋の行事も楽しみですね。

舞浜倶楽部はじめ 2016年8月4日 戸田容平ピアノコンサート

大輪のひまわりも首を垂れるほどの酷暑の日を、見舞うかのような涼しげなピアノの音色が、大教室からこぼれてきます。おなじみの若きピアニスト「戸田容平」さまが夏のミニリサイタルを開いてくださいました。

国内外のコンクールで最高位を受賞される戸田さん。舞浜倶楽部でのコンサートは今回で6回目とあってご利用者にもファンが多く待ってましたとばかりに、盛大な拍手で戸田さんを迎えます。

今回演奏してくださったのは、シューマンの「フモレスケ」変ロ長調。喜び、悲しみ、笑い、涙など様々な感情を表したメロディが切れ目なく30分間続きます。

ご利用者は、スタッフが配ったパンフレットを眺めながら集中して聴き入っていました。
後半は、戸田さまの伴奏で「みかんの花咲く丘」「上を向いて歩こう」「ふるさと」を全員で合唱します。舞浜倶楽部でよく唄われる3曲ですが、戸田さんのピアノのリードに合わせ、気持ち良さそうに声を合わせていました。
最後に戸田さまの大ファンのご利用者から、演奏会の感謝の気持ちを込めて花束のプレゼントしました。

戸田さま素敵な演奏をありがとうございました。

戸田容平ピアノリサイタル情報
下記の日程で戸田さんがリサイタルをされるそうです。
ご興味のある方は、直接お問い合わせください。
日時:9月3日(土)18:30開場19:00開演
開場:すみだトリフォニーホール・小ホール
問い合わせ: チケットセンター 03-3685-0247
メール:yohei.toda@gmail.com  

戸田容平オフィシャルサイトHP

舞浜倶楽部はじめ 2016年7月12日 水族館外出ツアー

今日はとてもいい天気に恵まれ、真夏のような日差しが照り付ける中、2年ぶりに葛西臨海水族館へ行ってきました。
葛西臨海公園の駐車場に到着し、車から降りると「今日はホントに暑いね」とご利用者。 一路休憩場所へ向かい冷房の利いた室内へ入ると「はー涼しい」「暑かったわねー」とホッとされます。

汗もだいぶ引いたところで、先ずは腹ごしらえです。牛丼や鶏そぼろ丼、カレーライスなど お好みのものを選んでテーブルへ。スタッフが「お味はいかかですか」とたずねると、「美味しい」「なかなかいいね」とご満足の様子でした。

ランチタイムが終わり、いよいよ水族館へ向かいます。ジリジリと照り付ける太陽に 「しっかり帽子を被ってくださいね」と、ご利用者を気遣いスタッフが声をかけます。

ようやく館内へ入ると「はー涼しい」「やっと涼しくなったわ」と、ご利用者もニッコリ。

水槽を泳ぎまわる魚を見て、視覚も涼まれたご利用者でした。 外のペンギンゾーンでは、暑さのせいか水に入るペンギンを眺め、指をさしたりしていました。

今日は本当に暑い一日でしたが、ご利用者から「なかなか来れないから、とても楽しかったわ」と感想をいただき安心しました。次のお出かけも、楽しみにしてくださいね!

舞浜倶楽部ページトップ
会社案内リクルートお問い合わせサイトマップ
MAIHAMA CLUB CO., LTD. All rights reserved. 
 
介護相談・在宅介護支援・デイサービス・ショートステイ・有料老人ホーム 舞浜倶楽部介護相談・在宅介護支援・デイサービス・ショートステイ・有料老人ホーム 舞浜倶楽部
本社/ 〒279-0023 千葉県浦安市高洲1-2-1 TEL.047-304-2400 FAX.047-352-7302